LOVE MORE

 

 

好きなものが増えるということは、

単純にかんがえてみると

人生の中で好きと感じる秒数が

増えるということだから

好きなものを増やすと

幸せになる。

 

これは特に哲学的な話でも

スピリチュアル専門の話でもなく

シンプルにこの世はすべてエネルギーの振動でできているから

好きの振動を自分から発していれば

この世に浮遊しているたくさんの似たような振動と共鳴しあって結合して、

あなたの周りには、好き好き好き好き、

好きばかり増えていく。

 

その全く逆の、キライばかりを言っている人が

どんなエネルギーと共鳴し結合しちゃうかも

簡単に想像ついてくる。

 

知り合いの中で好きな人を増やしていくと

会う人会う人、毎回ハッピーになる。

住んでる日本の中で好きな街を増やしていくと

行く場所行く場所でハッピーを感じられる。

好きな食べ物を増やす、好きな色を増やす、

なんでも当てはまる。

 

ってゆうことかな〜?と気づいたころから

やたらめったらモノコトヒトを

毛嫌いしたり食わず嫌いするのを見直しはじめた。

 

若い頃は、自分なりの価値観や美意識を

しっかりもった自分を誇らしく思っていたけど

人は常にアップデートしなければそれは衰退を意味する。

とかいう名言どこかにありそうですし。

 

今までは完全に絶対にムリだったけど

もしかしたら思い込みだったかもしれない?

そんな意識の瞬間シフト ゲームをするのが最近好きです。

 

古い自分の思考や嗜好を見直して

書き換えるのって思ったより簡単で

意識のシフトひとつ、一瞬の作業だったりする。

生理的に絶対ムリ!って思ってたものも、

そう判断したのは昔の自分だから、

もしかしたら今の自分が昔の記憶を抜きでピュアに見直したら

あれ、全然べつにムリじゃなかった。

なんてこともあり得る。

一瞬にして苦手が克服されたりするから

おもしろいな。

 

といってる私本人、実際この世のすべてが好きだ!とは言えないので

好きとまでは思えないモノゴトヒトの中にも、

興味深いな〜、なんでだろう?おもしろいな〜

と感心する部分を見つけたり

なんで現在のこの完成形になったんだろう?と

モノやヒトや空間ができあがるまでのストーリーを想像すると

以外とせつない理由が見えてきたりして

好きまではいかないけど、なんだか愛おしくなる。

とか、ある意味かわいい、とか

思ってみて遊んでいます。

 

例えばですが、

カラスってわりと多くの人から嫌われてますよね?

私も小さい頃は、カラスは怖いと周りから刷り込まれてきたので

近くにいると怯えながら走り去りました。

大人になって、カラスの体がもしオフホワイトだったら、

もしパステルブルー色とかだったら、

鳴き声のトーンがもう2オクターブ高かっただけで

みんなに幸福の象徴として崇められて

好かれていたのかな?

なんてかわいそうな運命なんだ….と考えました。

彼らはどうやら頭がいいというのは明らかですよね。

なんとなくその頭の良さと、人間の常識とは違うルールで動いていることで、

人間がカラスに恐怖を覚え、

もしかしたら、彼らのすぐれた”察する能力”が、

人々の恐怖と共鳴してしまい

彼らのあの性格を形成したのでは?と考えるようになりました。

そして私は、カラスはこう!という先入観をゼロにして

カラスひとりひとりをオープンハートで見るようにしてみたら、

カラスの中でも、とっても目が優しくて

人なつっこい子もいることに気づきました。

やたら近づいてくる子を怖がらずよく見たら、

一緒に遊びたいなという

自分の一緒に暮らしている猫ちゃんと変わらない

愛らしい目をしてたのです。

そしてなんて美しいフォルム、黒く輝くツヤ、聡明なお顔なのでしょう。

なんだ〜カラスといっても人それぞれ、ならぬ、鳥それぞれ。

個体差というか個性により全然違うんだなと。

 

 

道を歩いていてカラスに頭にツン!てされて怖かった!

なんていうエピソードも、

カラスの中のギャング的な性格であった可能性もあるけど

もしかしたら、実はただの遊びたがりのオモシロカラスだった。

そんな可能性もあるんです。

それを「チョー怖かったカラス!もう今日なんか最悪!キライ!」と反応し石を投げるのと、

「なんか今日歩いてたらカラスに好かれちゃって、

遊びたいってツンツン!ってちょっかい出してきたんだけど、

いやそれ結構痛いっつーねん!って突っ込んどいたわ」

と反応するのとでは大違いだな、なんて。

そのあと知ったのですが、カラスは昔は、神の使いとして捉えられ

神聖な鳥として崇められていたのだそう。

おもしろいですよね。

今では私にとってカラスは、神秘的で頭が良くてかっこいい鳥、です。

 

 

わたしたちの体内では、毎日新しい細胞が生まれていて、

数年間ですべての細胞が入れ替わるのだそう。

数年前と今の自分が全く同じ考えだなんていうのは

わたしたちの思い込みかもしれませんね。

 

この世は、気のせいでできているのかもしれない。

 

人生は映画。

あなたの中の世界が映し出された世界。

 

同じ出来事、同じ世界、同じ状況が与えられたとき、

そこからどれだけ楽しめちゃうかで

人生の幸福度が変わる

そういうことかな?

 

LOVE,

DARKNESS

LIFE

LOVE MORE

NEW ERA

A Return To Love

ENERGY

IT’S THE SEASON FOR A NEW BEGINNING

ABOUT “FALL IN LOVE CAFE”

Issue00 : HELLO!